環境への取り組み

環境との共生を目指して――環境保全への取り組み

核心に 環境。

私たちは、経営の基本理念のひとつに「環境と共生し、国際標準に準拠しつつ、永遠の発展を目指す」ことを掲げ、実践しています。

たとえば、環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」については、2002(平成14)年11月までに、生産拠点である6工場すべてが取得を完了。海外の合弁会社や関連会社に対してもISO14001取得の指導・支援を行ない、UGN社(米)をはじめとした事業所ですでに取得しました。

また、環境に配慮した製品・技術も積極的に開発しています。塗料においては、有害物質を含まない安全性の高い製品や省エネルギーに貢献する製品の開発を推進。自動車用防音材の分野では、古紙・古着といった廃材の再利用や、リサイクル可能な製品の生産に力を注いでいます。

さらに、これらの環境保全活動を『環境・社会報告書』として発行。本サイトにて公開しています。

地球環境との共生――。「環境」に目を据えながら機能性を追求し、環境保全、そして快適な社会づくりに役立っています。

環境との共生を目指して――環境保全への取り組み

環境・社会報告書

環境報告書

環境に配慮した光触媒塗料「エヌティオG」(新千歳空港)

環境に配慮した光触媒塗料「エヌティオG」
(新千歳空港)

左側に「エヌティオG」を塗装(右面は未塗装)

左側に「エヌティオG」を塗装
(右面は未塗装)

優れた遮熱効果で冷房電力などの省エネ対策や環境対策にも有効な屋根用遮熱塗料「パラサーモ」(日産工機(株))

優れた遮熱効果で冷房電力など省エネ対策や環境対策にも有効な屋根用遮熱塗料
「パラサーモ」(日産工機(株))

リサイクル繊維を利用した防音材の製造(東九州工場・静岡工場)

リサイクル繊維を利用した防音材の製造(東九州工場・静岡工場)

リサイクル繊維を利用した防音材の製造(東九州工場・静岡工場)

リサイクル繊維を利用した防音材の製造(東九州工場・静岡工場)

リサイクル原料の古着

リサイクル原料の古着

平塚工場の古紙再生ライン

平塚工場の古紙再生ライン

コーティング・ケア実施宣言

(一社)日本塗料工業会では、製品の開発・製造・物流・使用・最終消費・廃棄に至るすべての工程において「環
境」「安全」「健康」をまもることを目的とし、塗料および化学製品を製造または取り扱う企業における自主的な管
理活動を推進しています。この(一社)日本塗料工業会の活動を『コーティング・ケア』といいます。
当社は、(一社)日本塗料工業会が推進する『コーティング・ケア』の精神に賛同し、塗料のみならず当社のすべて
の製品に対して、環境・安全・健康の自主管理活動を実施していくことを2001年9月1日に宣言しました。

環境・安全・健康の基本方針

  • 環境・安全・健康に関して定められた法律・政令・規則などを遵守します。
  • 製品の開発から廃棄に至るすべての段階で環境・安全・健康に関して配慮し、その目標と施策を明確にし、従業員に周知徹底をはかります。
  • 新製品・新技術の開発計画において、環境・安全・健康に配慮し、地球環境への負荷の少ない、また、より安全な製品と技術の開発に努めます。
  • 製造工程・操業に関して、従業員と地域住民の環境・安全・健康に配慮し、操業を推進します。
  • 製品の輸送・使用・廃棄における環境・安全・健康に配慮し、地域環境への負荷の低減・廃棄物の削減・省資源化・リサイクル化を推進します。
  • 製品の市場での環境・安全・健康への影響を配慮し、製品の安全な使用と取り扱いに関して顧客に対して助言・情報の提供を行ないます。
  • 製品や操業に関して、行政や地域社会の関心に注意を払い、正しく理解されるようにコミュニケーションに努めます。
ISO14001を全工場および関連会社で取得

ISO14001を全工場および関連会社で取得

平塚工場

平塚工場

愛知工場

愛知工場

東九州工場

東九州工場

静岡工場

静岡工場

広島工場

広島工場

九州工場

九州工場