1. HOME
  2. 事業部紹介
  3. 自動車製品事業
  4. 開発センター

開発センター

音を究め、くつろぎをつくる。

音の世界は複雑です。私たちは、人にやさしい“音環境”をつくるための第一歩は、不快で不必要な音を抑え、消すことだと考えます。そのために、まず音の世界を見つめることから始め、研究を積み重ねてきました。さらに、不快な音を心地よい音に変える技術も学んできました。その研究・開発の拠点となっているのが「開発センター」です。実車テストベンチや音響測定室、シミュレーション解析を行なうコンピューターなど先端設備を駆使して音の世界を追究しています。そして、その成果が自動車をはじめ、鉄道車両・家電製品・建築用防音材などに幅広く展開されています。

音響解析のための実車テストベンチ
(スムース&ラフ面)

最新設備を整えたCADルーム。
ここで自動車用防音材が設計され、生み出される

防音システムの構築に向けて

開発センター内の無響室

音は空間のなかで複雑に反響し、共鳴し、干渉しあいます。そのため、ノイズ・コントロールの方法は、空間によって変わります。私たちは、自動車用防音材の開発においては実車を用いて、また、鉄道車両用の場合には走行中の車両で音響測定を実施するなど、さまざまな研究を積み重ねています。そして、ノイズ・コントロールの技術を生かし、その空間に最適で総合的な防音システムを構築しています。

「最適化仕様」の思想で

私たちは、自動車の静粛性を実現し、快適空間をつくるために、適切な防音材をもっとも効果的な場所に配置するという「最適化仕様」の考え方で取り組んでいます。