1. HOME
  2. 事業部紹介
  3. 自動車製品事業
  4. 製品ラインアップ

 製品ラインアップ

防音材

リエタ・ウルトラライト 「リエタ・ウルトラライト」は、新コンセプトのもとに音響機能を「遮音」から「吸音」に置き換えることで、音響性能の低下をまねくことなく30〜60%という大幅な軽量化を実現した革新的な防音材です。エンジンルームから車室内、トランクルームまで車両トータルの防音システムの展開がはかれます。
各種自動車用吸・遮音材
(オートケルシリーズ)
ダッシュ、ルーフ、ミッション、フェンダーなどのパネル形状に立体成形された自動車用吸・遮音材です。フードインシュレーター、エンジンアンダーカバーインシュレーター、ダッシュアウターインシュレーター、ダッシュインシュレーター(ウレタンタイプ、フェルトタイプ)、フロアインシュレーター、吸音成形天井、フェンダーインシュレーター、トランスミッションインシュレーターなどの各種製品があります。
エンジントップカバー エンジン上部に装着し、エンジンノイズを効果的に低減します。さらに、カバーは適切な形状設計を行なうことにより、高い防音性能を発揮します。
タカ・タカポール タカは軽い多孔質の吸音マット。タカポールは、タカとセプタム(マスチックシート)を貼り合わせた吸・遮音材です。さらに、極細繊維を使用した高吸音性を有する熱硬化NCF、熱可塑NCFもあります。
ヒートシールド・ヒートインシュレーター エンジン周り、ターボチャージャーなどの近接排気管・触媒コンバーター上部などに装着し、吸・遮音特性も高める遮熱材です。
NTダンピングコートシリーズ 水系タイプの塗布型制振材で複雑な形状部や垂直面・背面を効率的に制振処理できます。また使用部位の環境温度、要求性能に適した各種グレードがあります。
主として自動車のフロアパネル、トランク部等に使用されますが、自動車エンジン周り部品用に高温グレードもあります。
メルシート 低比重タイプ
高制振タイプ
高比重タイプ
発泡タイプ
磁着タイプ
自動車の制振材で、主に車体のフロア部に使用。塗膜焼付炉の熱で融着、形状に沿った均一な厚みの制振層を形成します。
磁着シート 一般タイプ 基材自体が磁力を有し、縦壁面等の垂直部位に施工可能な制振材です。
塗膜焼付け炉の熱で融着するとともに、磁力による自己追従性機能が働き、複雑な形状にも優れた密着性を発揮します。
発泡熱硬化タイプ 発泡熱硬化させることにより、優れた制振性、高剛性、耐熱性を発揮します。
PAメルシート 感圧接着剤と組み合わせ、主にドア裏などの垂直面の金属板に用い、防音・制振効果を発揮します。
NTダンプシート 自己接着性と柔軟性をもつサンドイッチ型制振材。あらゆる部位・形状にワンタッチで貼着できます。A、K、P、E、BG、BP、BAのそれぞれのタイプがあります。
NTダンプレックス SMタイプ
MRタイプ
高性能サンドイッチ型制振材で、拘束層として鋼板を用いたタイプ(SM)はダッシュ部に、樹脂を用いたタイプ(MR)は フロア用として使用されます。

防錆材

ニットクアンダーシール 車体下面、フェンダーなどに使用され、防音、防錆、断熱、シーリングなどの機能をもっています。
NTガードコートシリーズ NTガードコートは石はね等のダメージから車体を保護する耐チッピング材ですが、用途に応じて種々のタイプがあります。
(PVC系)
塩化ビニル樹脂を主成分としており、主として車のアンダーフロア、サイドシル、燃料タンクに用いられます。
(水系)
SBRラテックスを主成分としており、主として車のアンダーフロアや燃料タンクに用いられます。
(ウレタン系)
ウレタン樹脂を主成分としており、平滑な仕上がり面が得られます。主として車のサイドシル部に用いられます。
(アクリル系)
アクリル樹脂を主成分としており、主として車のアンダーフロアや燃料タンクに用いられます。PVC系の特長を受け継ぎ、同時に廃棄焼却時のダイオキシン・塩化水素ガスの問題を解決した環境対応製品です。
シールトップ ボディーパネル、ルーフドリップ、ピラーなどの防水用シール材で、可撓性をもつ強靱な被膜を形成します。PVC系とアクリル系の製品があります。
成形シーラー 防水シール用の成形部品で容易に施工できます。

鋼板補強材

NTスティフナー 電着塗装前にパネルに貼り付け乾燥炉の熱により発泡硬化する自動車用鋼板補強材です。
通常の粘着タイプに加え、制振性能付与タイプ、面追従性向上タイプなどの各種製品があります。