1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 遮熱塗膜の評価装置(パラサーモデモ機)に関する特許成立について

プレスリリース

遮熱塗膜の評価装置(パラサーモデモ機)に関する特許成立について

当社が2003年6月に出願しておりました「遮熱塗膜の評価装置」に関する特許が成立いたしましたので、お知らせいたします。

1.背景
近年、二酸化炭素の増加による地球温暖化問題が重要さを増しており、その対策は急務とされています。このため、政府や地方自治体レベルはもちろんのこと、民間企業においてもさまざまな省エネルギー効果を有する各種の研究開発が推進されているところです。
遮熱塗料におけるリーディングカンパニーであると自負しています当社としては、建築物の屋根用からスタートし、外壁用や屋上の遮熱防水工法、遮熱舗装材など各種のニーズに合わせた幅広い遮熱塗料の品揃えの充実に努めてまいりました。
こうした各種の遮熱塗料を塗装した効果については、当社の豊富な試験データによりユーザーの皆様にご理解をいただいておりますが、社会的要請によりさらなる遮熱塗料の利用拡大が不可欠と考え、“直感的に遮熱塗料による塗膜の遮熱効果”が確認できる装置を開発いたしました。この「遮熱塗膜の評価装置」が本年1月に正式に日本国特許として成立しました。

2.特許内容
発明の名称:「遮熱塗膜の評価装置」(当社ではパラサーモデモ機と称しています)
特許番号:第3897349号(登録日:2007年1月5日)

3.ライセンスに関して
すでに当社と同様の評価装置を利用、またはカタログ等に評価装置の写真等を使用の塗料メーカー、塗料販売店各社には個別のお申し出より、特許の実施権の許諾、その他について協議させていただきます。当社に連絡なく同様の評価装置を使用(写真も含めて)されますと、本特許の侵害、または抵触する恐れがあります。

当社の「遮熱塗膜の評価装置」の写真1写真2を添付いたします。

2007年8月29日
〒114-8584 東京都北区王子5-16-7
日本特殊塗料(株)
広報担当 萩尾 昇
電話(03)3913-6133 FAX(03)5390-8522